ビジネスには最適のマンスリーマンションの魅力を紹介します

滞在が必要な出張には最適

出張と言っても短期間で終わるものばかりじゃありませんよね。しばらく滞在しなければ、解決しない仕事も中にはあります。その様な時はホテルに宿泊すると経費が高くつきます。その点、マンスリーマンションはホテルの4日分ほどの費用で一ヵ月滞在ができます。また、駐車場代も安く上がるので社用車での出張も可能です。マンスリーマンションは日本各地にあるので、支店の中間地点に借りる事により複数の出張も同時に行う事もできます。

単身赴任でも引っ越しの必要が無いのでとても楽

マンスリーマンションは、家具や家電が始めから常備されています。そのため入居時に荷物を持ち込む必要がありません。行う手続きは電気と水道の開通依頼だけです。単身赴任初日から普通の生活が送れるので仕事に集中できます。また、単身赴任が終わり、転居となっても掃除をするぐらいで引っ越しに伴う面倒な梱包作業をする必要はありません。気を付ける点は、家具や家電を経年劣化以外で故障させていないかという事です。万が一、故障させているのであれば自己申告する必要があります。もし申告しなければ今後、契約できなくなる恐れがあります。

新規開拓エリアの拠点になる

事業展開で必ず行うのが新規エリアの開拓です。本社から近隣の地域であれば通えば良いだけですが、関東から関西という様なケースでは支店を出さなければいけません。しかし、いきなり支店を出しても事業が本当に成功するかは分かりません。そこで一旦、社員を派遣して事業を試みます。その時にマンスリーマンションは非常に便利になります。つまり、仮の支店様な役割を果たしてくれます。事業が失敗に終わっても大きな経費の出費には繋がりません。

マンスリーマンションは短期間の契約が可能になっており、敷金や礼金も必要がないので気軽に入居が出来ます。